包茎を彼女に笑われ治療を決意した栃木県在住の男TOP

包茎を彼女に指摘され治療を決意

+++---+++

実は、若い頃は自分が包茎だという自覚がありませんでした。特に誰かと比較する機会も無かったので、自分のが正常だと思っていたのです。確かに、温泉とかに行くと、自分のとは違う形の物をぶら下げた人がいるとは思っていました。でも、その程度です。だから、あのようになりたいなどと思ったこともありませんでした。


もし、昔つきあっていた彼女に包茎を指摘されていたら、その時点でものすごく気になって、きっととっくの昔にどうにかしていたと思います。でも、何も言われないまま30過ぎまで来てしまいました。それが、よかったのか悪かったのか……。この年になって、女性の指摘で自覚することになりました。気がつくのが遅かった分、ショックも倍増です。ああ、これが世に聞く包茎というやつだったのか……と思いながら固まりました。 包茎というのは、気がついてしまうと、服を着ていて他人からは見えない状態であっても、とても気になってしまいます。それまで何も気にならなかったくせにです。なにより見た目が許せなくなりました。毛が生えているだけで、それ以外は小さい子どもと同じじゃないかなどと思うと、とても情けなく思えたのです。いい年して、こんな状態でずっといるのは耐えられないと思いました。それで、思い切って治療することにしたのです。

栃木県は餃子の街

+++---+++

私の地元宇都宮市は、全国にその名を知られた「餃子の街」です。しかし、今年の1月末、市民にとってとてもショッキングなニュースが流れました。15年間守り続けてきた「餃子の世帯当たり購入額日本一」の座を、浜松市に奪われたというものでした。それ以来、市内ではその座を奪還すべく必死のキャンペーンが繰り広げられています。


でも、あの数字にはとんでもないカラクリがあるのをご存知ですか?実は家計調査という名目で調べられているので、スーパーやコンビニで焼き上がりの餃子を購入した数字だけしか反映されないのです。餃子専門店での飲食はもちろん、専門店の持ち帰り餃子やスーパーの未調理の生餃子や冷凍餃子はカウントされていません。当然家で作る手作り餃子も対象外です。つまり、本当においしい餃子を食べている人は数に入っていないわけです。 今回宇都宮が2位に甘んじたのも、震災の影響でスーパーやコンビニが休業している間は誰も餃子を食べなかったという計算になっているからだと思います。宇都宮がそうであるように、おそらく浜松も、スーパーやコンビニのおそうざい餃子より、ずっとうまい専門店の餃子を食べている人の方が多いでしょう。だから、本当の餃子消費量を調べたら、きっとこの何倍もの金額になるはずです。餃子を愛する一宇都宮市民としては、きちんと餃子好きが納得する調べ方で浜松と勝負し直して欲しいと思います。

包茎治療後は指摘してくれた事に感謝

+++---+++

なぜか若い頃は自分が包茎だということに全く気がついていませんでした。彼女とつきあってやることはやっていたのに、相手がそう言うことを指摘するような子ではなかったというのもあって、本当に気がつかないまま30過ぎまで来てしまったのです。 もちろん、剥けた物をぶら下げた人を風呂などで見かけたことはありました。そんなときは、当然自分のとは違うなと思いましたが、なぜか自分のがおかしいとは思わなかったのです。なので、うらやましいとも思ったことがありませんでした。


それが1年ほど前、エッチをした後、事が終わって無防備になったのを見た彼女が「やだー!包茎?」と言ったのです。思ってもみなかった言葉だったので、耳を疑いました。思わず「やることはやれたじゃないか!」と言い返すと、逆に「剥けてないのは気持ちよくないの!」ととどめを刺されてしまいました。二重にショックを受けました。自分が包茎だと知らされて、そのせいで気持ちよくないという事まで聞かされてしまったのです。その時点で、もうこのままではいられないと感じました。包茎を何とか治さなければと思ったのです。


治すことに決めたら、実際に行動に移すのはかなり早かったです。すぐにどんな治療法があるのか、どこで治療できるのか調べまくりました。包茎の手術は切って縫うだけでなく、切らないで治すこともできるということがわかりました。泌尿器科でも治療できるけれど、仮性包茎は保険が効かないので、いっそのこと専門のクリニックで診てもらった方がよさそうだとも思いました。たまに、泌尿器科でやってもらったら皮をザックリ切られて、見た目が悪くなったとか、感じなくなってしまったなどと書かれているのを見てしまったからです。専門のクリニックも東京まで出た方が数が多く、実際の治療件数も多そうだったので、東京まで出ることにしました。


私が実際に治療してもらったのは、東京駅近くの本田ヒルズタワークリニックというところです。やはり、日本で最多の治療件数をこなしてきたという技術力の高さが決め手になりました。費用は少し高めでしたが、それは技術力の差であり、使う資材の差なのだろうと思いました。治療自体はあっという間に済み、痛みもほとんどありません。治療後すぐに普通に動けたので、とてもホッとしたのを覚えています。 私に包茎を指摘しとどめを刺した彼女とはあの後すぐに別れてしまったので、今の状態を見せることはできません。でも、これから出会う誰かには、自信を持って見せることができます。あのときはショックで彼女を恨めしく思いましたが、今ではいいタイミングで指摘してくれたと感謝しています。

本田ヒルズ 東京駅前院について

+++---+++

本田ヒルズ 東京駅前院

総院長:本田昌毅
住所: 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-10 今井ビル4階A号室
電話: 0120-84-0836
「東京駅八重洲北口」徒歩2分。
カラオケBIGECHO向かい。


切らない包茎治療はこちらから